CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

CATEGORIES

archives

2019.07.30 Tuesday

BMW博物館を訪問して・・・

0

     

    次に訪れたのは「BMW博物館」。

    BMWの本社はミュンヘンにあって、そこに博物館が隣接しています。

    実は私は女性のわりには車が好きなので、ここを訪れることをこの旅でものすごく楽しみにしていました。

     

    メトロを乗り継いで到着。

    それはドイツのオリンピックスタジアムのすぐそばにありました。

     

    DSC_0301.JPG

     

    左が本社ビルで右のドーム状の建物が博物館です。

    異様に大きい・・・。

    本社ビルはこの写真ではわかりづらいですが4つの円筒を組み合わせてできているんです。

    これはブランドロゴを意識して設計されたそうなんですよ。

    BMWファンとしてはビルに掲げられた大きな大きなロゴマークを見るだけでちょっと興奮気味になります。

    あれって・・・実際はきっと何メートルかの大きさなんですよね・・?

    すごいなぁ・・・(=゚ω゚)ノ

     

    いざ博物館に入ってみるとチケット売り場は長蛇の列です。

    ヨーロッパの人だけでなくアジア人もたくさん。

    りっぱな観光地なんですね。

     

    入り口にはレトロなかわいいMINIがずらり。

     

    DSC_0259.JPG

     

    好きな方はここだけでも数十分いられますね♪

     

    先ほど車好きと言いましたが、はっきり言って機能性なんて全くわかりません。

    エンジンのこともよくわからないし・・・というより興味がないんですね。

    私は「ビジュアル」「デザイン」として車が好きなんです。

     

    日本人は特にそうだといつも思うのですが、ものすごーく「性能」とか「機能性」(燃費がいいとか、エンジン音が静かとか、振動が少ないとか・・)にこだわりませんか?

    もちろん全部大事なことですが、「乗ってて気分があがる」「見て楽しい」をもう少し重視してもいいのでは?としょっちゅう思います。

    まぁ買うときにはそこそこ大きなお金がいるものだし、維持するにもコストがかかるので仕方がないとは思いますが、ちょっぴり寂しいような・・・。

    特に都会では交通網も大変便利だし、駐車場代も高いし、ということで若者中心に車離れが進んでいることが言われるようになってから随分経ちますよね。

    それもこれも皆価値観が違うのでいいとは思いますが、もしこれらの風潮が「お金の節約」が第一の目的であるのなら、やっぱり寂しいな、と思わずにはいられません。

     

    いきなりですが、なんでお金を稼ぐのでしょうか・・?

    もちろん生活のためが第一でしょうが、私は最近「お金から自由になるため」という理由付けが自分にとっては一番しっくりすることに気が付きました。

     

    何も贅沢三昧したいわけではなく、ただ自分の求める自由だったり、生きがいだったり、快適性だったりが、お金がない、もしくは使いたくない=減るのが怖いという理由からあきらめざるえないという状態から少しでも離れたいのです。

     

    また、理由はそれだけではなく・・・、「お金がなくても幸せ」「好きなことだけできたらお金はいらない」・・・いろんな価値観がうたわれるこの現代ですが、少なくとも私は違う。

    あまり言うと「お金の亡者」みたいに思われるので嫌ですが(笑)、この地球上に生きている限り、息するだけでもお金がかかります。

    そしてその地球上ではいろんな歴史や土地の性質上、稼ぐ術がない、方法を知らない人たちがそれこそ私の言う「自由」とは違う次元で制限を余儀なくされています。

    であるのなら、この自由な先進国で稼ぐことのできるわたしたちが少しずつでいいからそういった人たちに援助する気持ちを持つようになれば・・?

    その援助によって教育が充実し、自ら稼ぎ生きる術を学べるようになる・・・。

    世界が劇的に変わるとは言えませんが、何らかの目に見える形で好転していくのではないでしょうか。

    しかし、ここでもお金から自由になる稼ぎがないと

    「援助なんてとんでもない!自分のことだけで精一杯!」

    となりますよね。

    せっかく豊かといわれる国で暮らしているのにもったいないというか、残念かな、と私は思います

     

    なので、いろんな理由があってやはり稼ぎにはこだわるべきかな、と思っています。

     

     

    さてさて、BMW博物館のお話のはずが、ずいぶん脱線して、私のうんちくばかりになってしまいましたね、すいません。

     

    まっ、先述したように私の車好きなんて

    「かっこいいなー」から始まって、

    「シートの革がちがうよねー」とか、「レトロな木のハンドルがやっぱり好きー」とか、「やっぱりドイツ車がいいー」とか・・・その程度のレベルなので悪しからず・・・( ;∀;)

     

    せっかくなのでかっこいい写真だけでも!

    こんなレベルの私でさえ何度でも来たい!と思ったので、「真の車好き」の方にはたまらないと思います(^_-)-☆

     

    DSC_0300.JPG

     

    DSC_0295.JPGDSC_0283.JPG

     


    DSC_0271.JPGDSC_0268.JPG

     

    DSC_0281.JPGDSC_0288.JPG

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする