CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

CATEGORIES

archives

2019.08.08 Thursday

フィリピン日本語学校のこと

0

     

    今年の春に友人から話を聞いたことがきっかけでフィリピンを訪れたことはこちらでお話させていただきました。

    その際知り合った日本語学校のスタッフの方とは今でも交流をさせていただいており、現地での様子などを知らせていただいています。

     

    先日もボランティアツアーというのがあって、私は残念ながら行くことはできなかったのですが、毎日のようにフェイスブックなどで状況を見させてもらえるのが楽しみでした。

     

    もちろん子供の笑顔のすばらしさに国境などありませんが、本当に可愛らしい。

     

    FB_IMG_1565244778041.jpg

    FB_IMG_1565244800711.jpg (スタッフの方にお借りした画像)

     

    こちらの日本語学校ではボランティアの一環としてフィリピンは「イロイロ」という都市に学校を建てておられます。

    そちらの校舎にてこの度、フィリピンの子供たちに日本の文化を教え、体験させてあげようという催し?を開かれました。

    みんな本当にうれしそうにかき氷をほおばってますよね!(^^)!

    ・・・参加したかったなぁ・・・。

     

    ここで誤解してほしくない、というか・・・言っておきたいことがあります。

     

    私が住むこの日本にも貧しい人はたくさんいます。

    また、「貧しさの度合い」で言えば、カンボジアなどのほうが深刻だ、ともよく耳にします。

    さらにいえば手を差し伸べるべきは貧困者だけでなく、体の不自由な人、親のない子供、身寄りのないお年寄り・・・多岐にわたることでしょう。

     

    では、その中で「一番困っているであろう人」を探して比較して支援する?

     

    そんなことできるわけもないし、考えだしたらきりがありません。

     

    そんなことよりも、たまたま出会い、目にした目の前の支援が必要であるであろう人にほんの少しだけでいいから手を差し伸べる・・それでいいと思うんです。

    世界中の人がそんな風に「たまたま」の機会に自分にできる範囲のことを少しやってみる。

    あちこちでそんなことが起こることが大切なんだと思います。

     

    そのことによって「あちこち」にいろんな支援がほんの少しずつでも行き渡ることで、世界がよくなっていくんじゃないのかな・・そんな風に思います。

     

    私もこちらの日本語学校の方々と知り合いになったのは「たまたま」だと思います。

    それでもその「たまたま」を大事にしたい気持ちがとても強くあります。

    みんなが喜ぶ顔が見たいし、何より教育の充実が楽しみです。

    ものすごく大きなことはしんどいかもしれません。

    でも「気持ち程度」でもすごい笑顔を見せてくれます・・。

    私の発信なんてそれこそほんのちっぽけだけど、少しでも誰かの心に届けばいいな・・・。

     

    FB_IMG_1565244814683.jpg

     

    ・・・こんな笑顔を直接見たいから、次の機会には現地に必ず行きたいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする