CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

CATEGORIES

archives

2018.12.12 Wednesday

真夜中の読書

0

     

    とてもお行儀の悪いことの告白になりますが、私は夕食を食べ終わり、お風呂を済ませると毎日毎日何か好きなお酒を片手に今日こそはニュース番組を見よう、借りてあるDVDを観てしまおう・・・そう決意してソファーに座ります。

     

    しかし結果は、10分も経たないうちに座ったまま深い眠りに落ちてしまいます。

    本当に毎日毎日・・・・・。

     

    で、これまた必ずといっていいほど夜中の2時から3時の間に目が覚め、少し部屋を片付けて寝室へと向かいます。

    これが日課となってしまっているのですが・・・一度目が覚めるとすぐには寝付けなかったりしますよね。

    そこで、短い時間ではありますが、ここから再び眠気が襲うまでを読書時間としています。

     

    ベッド脇に読みたいな、と衝動買いした本、読みかけて他に浮気をしてしまい中途半端になっている本・・・積み上げています。

     

    つい先日買って、眠気も感じないまま最後まで一気に読んでしまった本がこちらです。

    (と、いっても非常に文章が少ないんですが・・・)

     

     

    真夜中に全くお色気のない本ですが、なんだか気分が高揚して、楽しく読むことが出来ました。

     

     

    何かと見切り発車の多い私は、準備不足だったり、他人に「もっとよく考えてからにしたほうがいいよ」とか、「まだ完ぺきじゃないのにもうやるの?」と言われることもしばしばなのですが、この本を読むことによって、それでいいんだよ、と背中を押してもらえたような気がして自信が持てました。

     

    一歩を踏み出せず悩んでる方、逆に私のように早まりすぎたかな?ってちょっぴり怖くなってしまうことがある方にぜひ読んでいただきたいです。

     

    余談?ですが、著者の堀江さんは歯に衣着せぬ物言いで有名ですよね。

    そこがわかりやすくて人気ですし、私も好きです。

    でもどこかクールすぎるというか・・・いい意味でも悪い意味でも打算的なイメージをもっていました。

     

    でも・・この著書の中にこんな文章があったんです。

     

     

    ちょっと感動しました。

    そしてもっと好きになりました。(←単純ですかね?)

     

    他者への優しさや思いやりがあってこその人生、人ですよね。

    家族にも読ませないと!

     

     

    長々になってしまいましたが、最後に・・。

     

    当時史上最年少女性でマザーズに株式上場して一躍時の人になられた「経沢香保子さん」。

    私はこの方の思考や生き方がとても好きで、著書をよく読ませていただいているのですが、その中でとても大事に心に留めている文章があります。

     

                   「自分らしい人生を創るために大切なこと」 経沢香保子薯

     

     

    何も難しい文章でも特別な内容でもないかもしれませんが、私はヒトとして、女性として、このことを忘れずに生きていくと決めています。

    なので、毎日の「真夜中の読書」の最後にはこのページを一読してから消灯しています・・・。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする