CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

CATEGORIES

archives

2019.03.07 Thursday

〜LOVE&LIFE〜 サザンオールスターズがananの表紙

0

     

    マガジンハウス社の代表雑誌、「anan」。

    昔から週ごとにとってもお洒落だったり、時には過激すぎるとも思われたり、その逆で、雑誌にしておくにはもったいないくらい重厚で濃密な社会テーマだったり・・。

    世間をにぎわし、社会現象をも巻き起こしてきた雑誌ですよね。

     

    今週はそんな雑誌、「anan」のテーマはずばり「LOVE&LIFE」です。

    そして、このテーマのこの回の表紙とロングインタビューは「サザンオールスターズ」。

     

    何を隠そう、というか隠していませんが、私は13歳の時に初めてサザンのアルバムを聴いたときからの熱烈ファンです。

    ・・・30年以上になりますね・・・。

    DSC_2548.JPG

     

    「愛」と「人生」というテーマですが、若いころは少しこういうことを口にするのが「こっぱずかし」(/ω\)かったりしませんでしたか?

    私も然りです。

     

    でも、もう40代も半ばになり、いろいろな経験を積み重ねてきた中で、断言できるのがやはり、「愛」失くしては生きられない、ということです。

    もちろん呼吸は出来るでしょう。

    働くこともできるでしょう。

    でも、真に幸せにはなれないのです。

    己一人の力には限界があり、また、人に愛を与えた分だけ自分にも返ってくるのだと、こればかりは経験から信じてやみません。

     

    えらそうに言ってしまっていますが、私はたまたまかもしれませんが、会社を経営する立場にいます。

    いろんな想いや夢があり、新事業の立ち上げに踏み切りました。

     

    もちろん利益を出さずして事業は続けられませんし、家族や社員さんを路頭に迷わすわけにもいきません。

    ただ、経営者の立場でいえば、自分の「私欲」だけのための仕事はしたくないし、そうであってはならないと思うのです。

    家族(社員さんも含む)はそれなりに食べていけているのですが、なぜ、さらに上を目指したいのかといえば、そうすることによって、本当の社会的弱者の人々に手を差し伸べる力がつくからです。

    私は健康である限り、社会人としての義務だと思っています。

     

    まだまだ具体的に何か出来ているわけではありません。

    でも会社を経営しながらこうしてブログを書かせてもらっている立場がある分、発信すること、同じ思いの人々に出会い協力しあえること、知恵をお借りできること・・・。

    これだけの機会に恵まれているのですから出来ることは必ずあるはずです。

    気持ちの問題です。

    不言実行が理想的ですが、自分の行動を速めるためにも、私はこうして有言実行の方法を選択することがよくあります。

     

    必ず最初の一歩、近日中に踏み出します。

     

    「anan」からだいぶ話が膨らみましたが(笑)、私の大好きなサザンオールスターズの桑田さんの言葉をお借りして。

    あまりいうと著作権とかに引っかかるかもしれないので少しだけ。

     

    DSC_2555.JPG

     

    DSC_2556.JPG

     

    DSC_2554.JPG

     

    ファンだからいうのではないですが、純粋な思考、人の気持ちを理解しようとする思いやりと繊細な感性・・・こういうものを大切にしてきたからこそ、素晴らしい作品をたくさん世に生み出してこられたのだと思います。

     

    私もほんの少しでもあやかり、見習い、精進します。

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする